新卒看護師の転職事情

悩みがあるなら、まずは相談からしてみましょう

新卒看護師の転職事情

手術室看護師としての資格を大学を卒業して取り、新たに新卒で働きだす際に大切なのが、まずは頑張る事です。特に最初の1年というのはとても大変で、慣れない職場での本格的な仕事に加え、休みの日にも勉強会や研修に参加して学ぶべき事を学ぶ、という形になっている職場は多いです。

大学を卒業しても、実務経験はまだまだ不十分で、雇用側として仕事をする上で学んでほしい事が多くあるため、このような形式になっています。このハードさから、やはり離職してしまう新人看護師の方は多いです。

看護師はここ数年は毎年5万人ほどの新卒の看護師が卒業しています。ですが、データによると1年目での看護師の離職率は7.5%。他の職種と比べてもかなり高めの数字となっています。また、他の理由として女性が多い職場のため、特有の人間関係に疲れてしまったという理由もあります。

あなたが看護師としてしっかり頑張っていくという想いがあるなら、まずは1年間、そして次は3年間、大変な事は覚悟して頑張る事が大切です。

1年で辞めてしまうと、続けて看護師として転職する際にもマイナスイメージで、待遇が良い事はあまりないですし、短期間での転職は、その後同じ事を繰り返してしまう事も多くあります。 やむ終えず既に短期間での転職をした方は、次はしっかり頑張ると心に決めて臨みましょう。

心の準備をしておけば、大変な事があっても長く続ける事ができます。短期間で離職する事は目の前の事を改善できる良い解決策に見えますが、長い目で見た時には必ずしも良い結果を生むとは限りません。 目の前の毎日をしっかりと頑張っていきましょう。

一日を大切に積み重ねて過ごしていけば、あなたの実力も磨かれ、今大変だと思っている事も普通の事になっていきます。それを1年から3年続ければ、あなたの未来は大きく広がります。将来の明るいイメージを忘れないようにして、今を無駄に過ごさないようにして頑張りましょう。きっと良い結果が待っています。