看護師へのパワハラと解決策

医療事故に繋がる…人間関係のトラブルを直ちに解決したいところです

看護師へのパワハラとその解決策

最近よく話題になるパワハラ。看護師の世界にもパワハラがある場合があります。看護師が主に働く病院は看護師も含めて忙しい職場です。そのため、病院で働く人たちは大きなストレスを持っている方も多く、周囲にきつく当たってしまうという方もいます。

看護師の場合は先輩の看護師や上司の看護師長だけでなく、医師などからもパワハラを受ける可能性というのはあります。ただ、何でもつらく当たられたと感じたらパワハラという訳ではなく、仕事をスムーズにする上での常識的な範囲内での指摘や注意というものはパワハラには入りません。

明らかに行き過ぎていると感じたり、暴行があるなど常識の範囲を逸脱している場合はパワハラと考えて良いでしょう。看護師の方は女性の方が多いので、我慢をしてしまうケースもあります。我慢が原因となり、体調を崩してしまったりストレスで仕事に支障が出るという事もあり得ます。

そういった事にならないよう、まずは溜め込まずに相談をする事をお勧めします。身近な人でも良いですし、国や都道府県が管理している労働相談センターなどでも相談をする事ができます。 明らかにパワハラではという場合には弁護士に司法相談という手段もあり得ます。

しかし、その手間や時間、費用といった面で踏み切れない方は多いです。まずは相談だけでも持ちかけてみるのは良い方法でしょう。裁判にまで発展するケースは少ないですが、あまりに過度な場合にはこういった手段もあるという事を頭に入れておきましょう。

また、パワハラが耐えられないという方にも転職という方法で職場環境を変えてしまうという手もあります。自分に落ち度はなかったか、改めて振り返ってパワハラだと考えるなら、むしろ転職してそこで新たに頑張っていく方が今後のキャリアのためにも良かったりもします。

パワハラと言っても解決の方法は上記のようにあるので、悩みすぎる前にまずは早めの相談・解決方法を練る事を考えていきましょう。