保健師にも短期アルバイトのような働き方ができる?

アルバイトとして働いている保健師の人は結構たくさんいるのですが、一言にアルバイトと言っても様々な働き方があり、自分のライフスタイルに合わせることができるというのがアルバイト保健師の魅力ですね。

アルバイトというと、何ヶ月も続けて勤務するってイメージがありますが、実は1週間以内などとても短期的なアルバイトも保健師にはあるのです。

よく、学生が休みの日だけ海の家やコンサート、ティッシュ配りなどで短期的にアルバイトするって人がいると思いますが、そのような働き方が保健師にも出来てしまうんです!

ただ、保健師の単発アルバイトはそこまで多くはありません。しかし探してみると、思ったよりも多くの企業が募集しているんですよ!募集する時は、看護師と一緒に募集することが多く、人数も看護師より少ないのですが、求人数の数は看護師よりも多いのです。

保健師の場合は、看護師の資格を持っていることが前提であるため、看護師資格だけで働ける看護師の単発アルバイトにも応募することができます。

なので、保健師としても看護師としても働ける保健師は、探し方さえわかっていれば、単発アルバイトが比較的見つかりやすい職業でもあるのです。看護師の場合は、健康診断はもちろんですが、コンサートや大規模なお祭りなど、大きなイベントでも募集していることが有ります。

また、保健師は企業や保健センターなどから単発アルバイトの求人が出ることが多いです。保健師の資格を持っていれば、有利になりますし、それぞれで募集している現場が違うので、両方の資格を活かして働けば色々な経験をすることができます。

色々な経験をしたい人や、正社員やアルバイトのように決まった勤務時間で働くことの出来ない人、極限まで自由に働きたいという人はおすすめです。また、このような働き方をしたいというのならば、看護師資格しか持っていない人は、是非保健師の資格もとっておくべきでしょう。

色々な現場を経験していく中で、自分にあった職場が見つかるかもしれませんし、なかなか働く余裕が無い人でもブランクが空いてしまうことを回避できるので、転職支援サービスなどを使って是非単発アルバイトのできる派遣会社などを探してみてくださいね。

このページの先頭へ