看護師が患者さんに与えるストレスについて

顔を見るだけで安心させられるような看護師になりたいものです。

看護師が患者さんに与えるストレスについて

看護師の対応によっては、患者さんに多大なストレスを与えることがあります。医療を提供することだけに徹していても、良いサービスは提供できません。その心を忘れてしまっては、技術だけを提供する場となってしまうのです。

質の高い医療というのは、単に病気を治すというだけではなく、患者さんの不安をしっかり解消することにあります。症状だけが軽快もしくは消失したとしても、ぞんざいな対応であれば納得は行きません。

インフォームドコンセントが重視されているように、説明と同意に対する徹底を行っているのであれば、患者さんが希望する医療を提供している可能性が高まるのです。 看護師が患者さんにかけることば一つでストレスの有無にも影響することを肝に銘じながら、日々の診療に当たることで、充実した仕事がサービスを受ける側にも伝わります。

心意気だけが一流であっても、実際のサービスに波及させる知識や技術がなければなりません。そのために日々精進して仕事に励むのではないでしょうか。 看護師という専門的知識を運用するだけの技術を培うことは、今後の施設発展にも大きな足がかりとなるため、納得のいくサービスを常に提供し続けるだけの努力をすべきです。

しかし、環境が整っていなければ自分ひとりだけが努力をして、結果的には仕事に満足できない環境となってしまいます。 良き人材を確保するために、多くの医療機関が奮闘していますが、その背景には看護師の人材安定が達成できないというものがあります。

せっかく人材を確保しても十分な教育を施すことができなければ、看護師自身に大きな負荷がかかります。 その結果が患者さんにストレスを与えるような応対へと繋がってしまうのではないでしょうか。

だからこそ、適切な治療を行うことと、誠心誠意を持って患者さんへの対応を行うことが、看護師の質を高めるメリットへとなるのです。少しでも患者さんに良いサービスを提供できるように、看護師自身が前を向いて働ける環境が必要なのです。