保育園の保健師は何をするの?

どの地域にもある保育園ですが、保育園から出される求人は基本的には保育士もしくは給食の配膳係などですが、実は看護師や保健師も募集していることがあるのです。特に保健師を募集していることが多いのが、クラスが多く規模の大きな保育園や、公営の保育園などです。

しかし、保育園はたくさんあるものの、保健師の設置を義務付けられているというわけではありませんのでそれ程たくさん求人が出されるというわけではありません。

東京や大阪など保育園がたくさんあるような地域でしたら多少は保健師の求人はあると思いますが、それでもやはり少ないのは確かなことです。

保育園からの求人では、仕事内容な簡単に明記されているので詳しい情報は求人情報だけではわかりません。就職した時に失敗しないためにも、面接時に詳しい仕事内容を聞いておく必要があります。

保育園で勤務する場合は、園児や先生の健康管理や保育園の衛生環境の管理、保護者からの健康相談など一般的な保健師の仕事がほとんどだと思います。

なので、保健師としての仕事をきちんと責任をもって行っていくことが大切となってきます。それを踏まえた上で。保育士のように園児と一緒に遊ぶことや園児に生活指導をしていくようになってくると思います。

保育園での勤務は、主に小さな子どもが相手となりますので、病院やクリニックなどの医療機関とはかなり働き方が違います。業務内容では小中高校の学校保健師と似ているかもしれませんが、保護者との関わりも深くなりますし、業務内容も多少違ってくる部分があるのです。

そのため、看護師として経験を積んでから保健師として働こうと思っているのならば、小児科や保育園の看護師を経験すれば子どもたちとの関わり方もわかってくると思います。

また、小さな子どもを相手するわけではなくても、産業保健師や学校保健師を経験すれば多少は仕事のこなし方もわかると思いますので勤務はしやすくなるでしょう。子供が好きな人ならば、保育園の保健師はおすすめです!

このページの先頭へ