患者サービスの向上で看護師のストレスは変わる

看護師としてのモチベーションをアップ!

患者サービスの向上で看護師のストレスは変わる

患者サービスの向上に勤めている職場では、看護師のサービスも精力的に改善する動きがあります。患者さんと長い時間接する可能性が高い職種だからこそ、基本的な応対能力を向上させることは急務です。ゆとりあるコミュニケーションが取れるようになれば、患者さんが安心する度合いもアップします。

だからこそ、患者さんの訴えに対して満足のいく対応ができるようになることが、看護師のストレス軽減にも役立ちます。科によっても質問される事項は異なるため、できるだけ環境に合わせたQ&Aを作っておくことは効果的です。ルーチンをこなす間に、看護師が対応すべき傾向も見えてきます。

部門によって患者サービスの対策を立てることによって、看護師が受けるべきストレスの頻度は飛躍的に変わります。さまざまな研究が進み、看護師が受けるストレスについての解明が成されていますが、チームとして機能している部門の看護師は、不安なポイントを誰かに相談することができる人材を抱えています。

意欲的に業務改善を行うためには、スタッフ間のコミュニケーションは必須です。個人で動いているところではどうしても同じスタッフでの情報共有ができないということがありますが、3交代制などすれ違いの多い箇所での業務は、綿密な申し送りが必要です。

意思疎通を積極的に図ることによって、円滑な連携が取れるようになり、おのずと業務の効率にもプラスの効果をもたらします。患者サービスの向上を図るためには、必ず業務効率の検討が成されます。だからこそ、質を高めるためにもストレスのない環境が求められるのです。

施設全体で患者サービス改善を掲げているところもあり、患者さんからの投書から、システムの改善を図るところも増えています。いずれも患者さんのためであると共に、看護師を含めた専門職がストレスにさらされないような体制作りへと繋がるのは目に見えています。だからこそ、医療の質を診療報酬という基準からも算定をするのです。