手術室看護師に転職をお考えの方は必見です!

手術室看護師を目指している方は要チェックです!

手術室看護師が働く施術室はどんなところ?

「患者様の看護」「手術の介助」「感染の防止」「機器の整備」「各診療科の要求の調整」「手術スケジュールの立案」など手術が安全にスムーズな遂行をおこなうセクションが<手術部>です。 そして実際にオペをする部屋が手術室になります。ここでは、手術室担当の看護師が働く施術室はどんなところかをご説明いたしましょう。

手術部の入口にはコントロール室があります。 手術室のカメラや診療端末で手術を受ける患者様の入室・退出や手術室の進行状況を把握できるようになっています。 看護師長や看護主任が中心になり、それぞれの手術室に麻酔科医と看護師が適切に配置して対応できるように調整されています。

手術室の数は看護師転職先の病院の規模によって違いますが総合病院の場合は10室前後が一般的です。 多いところになりますと20室以上の手術室が設置されているような大規模病院もあります。 手術の枠は曜日と時間帯によって各診療科目毎に区分されています。

救命救急センターや総合周産期母子医療センター機能がある病院では手術室のうち1室は緊急オペに備える部屋としています。小児重症例・緊急帝王切開・重症救急患者に対応できるような体制になっているのです。

手術室の前には手術を担当する医師や看護師は手洗い場で手指を消毒します。 センサーやフットスイッチによって余分なものに一切触れずに蛇口や消毒液の開閉ができるシステムになっています。

手術室の中に目を移しますと、患者様が横になる手術台・麻酔機器・心電図・血圧モニター・電気メスなど手術機機が配置されています。 天井には<無影灯>と呼ばれている円盤状の照明器具があります。

執刀医の頭で光が遮られても、手術をしている部分に影ができにくいように工夫されています。 手術中は、外科医・麻酔科医・看護師以外に臨床工学士や放射線技師がオペ室内に入室して、手術機器の管理をしたりX線撮影をしたりする場合もあります。

以上、手術室担当の看護師が働く施術室はどんなところかをご説明いたしました。 手術が終了して患者様が退室するとオペ室専門の清掃業者が手術室の内部を清掃します。

助産師と産科医の違いを知りたい

出産に関る仕事といえば、助産師および産婦人科医をイメージする人は多いでしょう。ですがこの二つの職業にどんな違いがあるのか聞かれると、答えられない人は少なくありません。簡単にですが、助産師と産婦人科医にどのような違いがあるのか説明させて下さい。

まず明確な違いを言ってしまうと、助産師は看護師資格を有していないとなれない職業、産婦人科医は医師であること、ということになります。医療行為に携わることのできる、男女関係なくなれる職業が産婦人科医です。

では助産師はどうかというと、助産師は看護師資格を持った女性しか就くことのできない職業で、医療行為を行うことは不可能となっています。最近では男性看護師も増えてきましたが、助産師だけは男性が就くことのできない看護師なのです。

また助産師が持つ権利の中には、自分で助産院を開業できるということもあります。助産師と産科医では、上記のように決定的な違いがあるのですね。

さて、助産師には自ら助産院などを開業する事ができると前述しましたが、多くの助産師は病院やクリニックなどに勤務する事が一般的といえます。ですから、助産師の資格を持っている方であれば、できるだけ自分の理想に近い職場を探したいと思っているのではないでしょうか。

皆さんは職場を探す時にまず思い出すことはなんですか?恐らく多くの方はハローワークを思い出されると思うのですが、ハローワークの情報は、稀に古い求人が載っている事があります。勿論看護師同様、多くの助産師の求人案件は少なくありませんが、サポートの意味として、看護師専門の求人雑誌を手に入れて、より詳細に確認することも重要です。

また近頃多くの助産師や看護師、職場探しに活用しているものとして、インターネットが上げられます。看護師に特化した転職サイトなどがありますので、上手に利用する事で、理想に近い職場を見つける事ができるでしょう。

全国各地の求人案件が一度のチェックできる事は大きなメリットだと思います。ハローワークでは探せなかった案件も掲載されていますし、パソコンだけではなくスマホなどでチェックできるため、自分の空いた時間で探せるのも嬉しいポイントです。自分の探しやすい方法で、自分にピッタリの職場を見つけていきましょう。

助産師会って何?

看護師からステップアップできる職業はさまざまですが、助産師もその職業のひとつです。助産師になりたいと思っている人の中には、「助産師会」という言葉を耳にしたことのある方もいるかもしれませんね。

一体助産師会というものはどのようなものなのかというと、助産師の雇用に関ってくれたり他にもいろいろなことを行っている団体だということです。本部は東京にありますが、東京以外にも様々な地域に支部があります。

もしも助産師になりたいという場合は、助産師会に参加してみるのもいいかもしれません。参加することによって、自分らしく働ける場所に出会えるかもしれないからです。

それでは、助産師会に参加したいというケースではどのようにしたらいいのでしょうか。 まずは、この助産師会、支部によってルールなどが異なってきます。ですから入会したい支部の内容がどのようなものなのかを、チェックして把握する必要があります。

入会するためには申し込みを行う事で参加できるのが一般的です。助産師会に申し込む段階で、入会金や会費を支払う必要がある可能性も少なくないため、申し込み前にチェックしておいてください。

助産師会に参加することでのうれしいことといえば、助産師にまつわる情報をたくさん聞く事ができるという点です。普通に生活していたら知らないままだった、なんていうことも少なくありませんので、助産師を目指している人にとっては大きなメリットだと思います。上記以外にも、助産師が活躍できるためのサポートも豊富です。

上記のように助産師会に参加する事で、助産師に関る様々な話を手にする事が出来ます。職場のマッチングも行ってくれることは前述しましたが、但し、こちらに関してはいい話しばかりではないと聞きます。

もしも職場は自分で選びたい、ということでしたら、お勧めは助産師の求人がたくさん載っている、看護師転職サイトなどです。日本各地の看護にまつわる求人が掲載されていますので、自分の理想の条件などを入力するだけで、自分らしく働けそうな求人を見つける事が可能です。またパソコンやスマホなどで見る事が可能ですので、自分の自由な時間に確認できるのも魅力でしょう。

助産師会に参加して様々な情報を集めつつ、看護師転職サイトなどを上手に活用し、自分にあった助産師として活躍できる場所を探していってくださいね。

助産師になるために必要な資格って?

将来助産師になりたい、このような希望を持っている人は少なくありません。助産師は数ある職業の中でも、女性限定の職業の中のひとつです。また、助産院などの個人で開業する事が出来る権利を持ちます。新しい命の誕生に立ち会うことのできる助産師ですが、一体どのような資格がいるのか見て行きましょう。

助産師になるために必ず必要となるのが看護師免許です。看護師の資格を取った後、助産師のための養成学校で教育を受け、卒業した後に、助産師になるための試験を受けられる資格を手に出来ます。その試験に見事パスする事で、晴れて助産師となれるわけです。

つまり助産師になるためには、まずは看護師になる必要があるということになります。助産師になりたいと思っている方は、まずは看護師を目指していきましょう。

無事に助産師の資格を手に入れられた後は、今度は勤め先を見つける必要があります。就職先を探すのも、一般的な転職と同じようなものです。ハローワークを使った探し方もありますし、求人情報冊子をチェックするという探し方もあります。

ハローワークは最新の求人ではない場合があるため、求人情報冊子でサポートするくらいの気持ちで探す事で、より精密に求人情報をチェックする事が可能です。せっかく勤めるのであれば、自分にあった職場を見つけたいですよね。

求人案件を探す方法は、最近ではインターネットを活用する、といった方法もあります。インターネットには、助産師情報がたくさん載っている看護師に特化した転職サイトなどがあり、そちらで条件を絞って求人を見つけるのもオススメです。

自宅に近い場所や、報酬について、休暇についてなど、それぞれ希望条件のチェック欄があります。そのため自分の理想に近い職場を見つける事ができる可能性は低くありません。看護師系の転職サポートサイトであれば、看護師だけではなく、助産師の求人案件も取り扱っていますので、上手に活用して、理想の職場を見つけてください。